今話題の宅建資格を取得する準備について学びましょう

ウーマン

社会に求められている仕事

保育士

主婦から保育士になる方は多いです。主婦は子育てを経験しているため、子どもの扱いに慣れている点が主な理由と言えるでしょう。保育士になるためには資格取得が必要となり、専門的な養成課程のある学校で2年以上学ぶことで受験資格を得ることが出来ます。

この記事を読む

自宅学習で資格取得

レディ

今では、行政書士の独学学習者をサポートするメールサービスがあります。登録をすると、コンスタントにメールが送られてくる仕組みです。行政書士試験に役立つ内容となっており、心強いサポートとして人気があります。

この記事を読む

子どもの成長を手助けする

大学生

保育士を育成するためのカリキュラムが組まれている大学なら、子どもを育てるために必要なノウハウやマインドを学ぶことが出来るでしょう。専門的な学校で学ぶことにより、国家試験の合格も十分射程圏内に入ります。

この記事を読む

なぜ人気があるのか

男性

不動産を取り扱うプロ

宅建とは、宅地建物取引士の略称で、国内でも人気の国家資格といえます。宅地建物取引士資格試験に合格し都道府県知事の登録を受け、宅地建物取引士証を受けると、宅建士でなければできない法律上の事務を行うことが出来るようになります。また、宅建士は不動産を取り扱うプロとして認められており、会社によっては資格保有者に対し資格手当がつくなどの優遇措置があります。もちろん、宅建士の資格を持っていなければ不動産業に就職することが出来ないわけではありませんが、資格を保有している方が、就職にはもちろん有利です。なぜなら、宅地建物の取引を行う会社は事務所1か所に対して5人に1人の割合で宅建士を配置しなければならないからです。

メリット

不動産業界はもちろんのこと、住宅ローンなどを取り扱う金融機関や、出店を行う小売業界や飲食業界でも、不動産について豊富な知識を持っている宅建士は重宝される傾向にあります。宅建取引士証は5年に1回の更新が必要な免許証ですが、試験合格は一生有効で、就職や転職に有利ということもあり、大変人気のある国家資格なのです。そのため、学生はもちろんのこと、就職した後に独学や通信教育で勉強し資格を取る社会人も多くいます。もちろん、宅建の試験は国家試験ですから、簡単に合格できるわけではありません。学生でも社会人でも、国家試験対策を行わなければなりませんから、並大抵の努力では資格を取ることは出来ません。通信教育や専門学校を利用するなど、効率的な受験勉強を行うことをお勧めします。

Copyright© 2015 今話題の宅建資格を取得する準備について学びましょうAll Rights Reserved.