社会に求められている仕事|今話題の宅建資格を取得する準備について学びましょう

今話題の宅建資格を取得する準備について学びましょう

レディ

社会に求められている仕事

保育士

経験が活かせる仕事

主婦から社会復帰しやすい資格に保育士があります。共働き世代の増加により保育園に預けたい家庭は増えています。社会のニーズが高く、保育園は増えています。有資格者は多いですが慢性的な人手不足になっています。これは、学校等卒業後に就職した出産経験のない若手が、子供をみる現実の大変さを経験し、離職していく事が多いのも1つの要因となっています。出産を経験した人や主婦は自身の子で、子供ならではの驚く行動も経験しているので、離職率も少なく雇う側からも安心して任せられる存在として重宝されています。自身の子供の時もそうであった様に、毎日子供の成長を感じられ、笑顔を守る存在として、やりがいのある仕事です。また、保育士として保育所園だけでなく、企業内保育所や福祉分野にと、働くフィールドは広まっています。

目指せるルートは多い

保育士は国家資格です。多くの方は養成校を経て取得します。それ以外でも取得できる方法があります。大学卒業や児童福祉施設の勤務年数など受験要件はありますが、満たしているなら試験に合格することで、保育士資格を得る事が可能です。試験には実技もあり対策がひつようですが、通信教育も充実しており費用も抑えられます。時間に余裕がまだある方は、夜間の学校という選択肢もあります。学校では保育園や幼稚園などアルバイトを斡旋してくれる所もあり、経験と生活費も得れて取得を目指せます。勿論、厚生労働省が認定している保育士養成課程がある専門学校や短大に入り直す事も選択できます。2年間は学生として励むことになりますので、通信教育・夜間学校と取得できる方法は多いので、自分に合った方法を選ぶとよいでしょう。

Copyright© 2015 今話題の宅建資格を取得する準備について学びましょうAll Rights Reserved.